妊娠中に使用している化粧品の赤ちゃんへの影響は?

妊娠中の化粧品の赤ちゃんへの影響

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんへの影響を考えてカフェインを控えたり、食事の栄養バランスを考えたりと気を使いますよね。
化粧品は直接体内に摂取するものではないので大丈夫と思われがちですが、その成分は皮膚からも吸収されるので油断はできないんです。
化粧成分の中には赤ちゃんに影響がある物もあります。
影響のある成分をしっかり調べて把握し、妊娠中に安心して使える化粧品選びをしましょう。

 

妊娠中に好ましくない化粧成分

妊娠中に避けたほうが良い美容成分6つを紹介します。

 

ビタミンA

とても身近なビタミンA、避けた方が良いなんて驚く人もいるのではないでしょうか。
ビタミンAは体に必要な栄養素の一つで、通常は害があるものではありません。
しかし、過剰摂取や肌につける事によるリスクがある事も知っておきましょう。

 

ビタミンAは肌のアンチエイジングに効果があるとされています。
でも、過剰摂取をしてしまうと胎児の催奇形性のリスクを高めてしまうんです。

 

レチノール、レチナール、トレチノインという別名でビタミンAは化粧品には表記されている事も多いです。
皮膚からの吸収率はそれほど高くありませんが注意しましょう。

 

また、体内に吸収されても催奇性びリスクがない安全なビタミンA酸誘導体とされているレチノイン酸トコフェリル(レチノイン酸とビタミンEから生成)という成分もあります。

 

パラベン

化粧品の防腐剤として使用されているパラベンですが、最近ではパラベンフリーの物が増えてきました。
研究の結果によると、パラベンが多く体内に入る事により胎児の成長が妨げられたり、出産後の子供の肥満リスクが高まる事があるそうです。
パラベンは肌から吸収され多くの妊婦さんから検出されているんです。

 

また、肌への負担が比較的軽いメチルパラベンは、少量であれば敏感肌の方でも使用できるとされています。
しかし、妊娠中は「〇〇パラベン」という表記がある化粧品は、胎児への影響を考慮して避けた方が無難です。

 

ハイドロキノン

これは肌のメラニン細胞を抑制する働きを持ち、美白化粧水に多用される成分です。
一時問題になった「白斑」を引き起こした成分でもあります。
肌からの吸収は少ないとされていますが、ハイドロキノンは胎児への毒性があるとされています。そのため、濃度3%を超えるハイドロキノン配合の化粧品は避けましょう。

 

サリチル酸

化粧品に使用されている範囲の低濃度サリチル酸は特に胎児に大きな問題はありませんが、高濃度になると催奇形性のリスクがあるとされていますから要注意です。
主に化粧品、ニキビ治療薬、ピーリング剤に使用されているものです。

 

植物オイルの一部

化粧品に使用されている他、美容効果やリラックス効果があるとされてアロマオイルとして利用されている植物オイル。
一部の物には子宮収縮を促す作用があるので要注意です。

 

妊娠初期?安定期に避けたほうが良い精油(植物オイル)
ゼラニウム、ラベンダー、カモマイル、メリッサ、イランイラン

 

妊娠中は終始使用を避けたほうが良い精油(植物オイル)
クラリセージ、ペパーミント、マージョラム、サイプレス、ジュニパー、バジル、スウィートフェンネル、パセリ、ジャスミン、ローズ、ローズマリー、シダーウッド、ミルラ、レモングラス、セージ、ヒソップ

 

ただし、「〇〇エキス」とだけ表記のあるものは植物成分の配合濃度が数%にも満たない物なので、妊娠中でも殆ど影響はないとされています。
植物オイルは、植物の香り成分が含まれる油分のみを抽出したもので、高い効果が得られる反面とても濃度が高いのが特徴です。注意しましょう。

 

また、防腐剤の代わりにローズマリーを使用しているオーガニック化粧品があります。
妊娠中の敏感肌には肌に優しいオーガニック製品を使いたくなるものですが、ローズマリーは妊娠中は避けた方が良い物です。注意しましょう。

 

トルエン

これは基礎化粧品に配合されている可能性は低いものですが、有機溶剤の一種でマネキュアや除光液に含まれるものです。
ネイル好きのママは注意しなくてはいけませんね。
トルエンは、胎児の脳への影響があり、発達異常のリスクを高めます。
胎児の発達遅延、注意力散漫を引き起こす可能性もあります。
「ジブチルヒドロキシトルエン」のように名前に「トルエン」とつく成分には注意が必要です。
トルエンを使用していないマニキュアも増えてきていますので、そちらを選ぶようにしましょう。

 

美白化粧品の成分は要注意

化粧品の成分、特に美白化粧品に含まれる成分にはお腹の赤ちゃんの成長を妨げる物もあります。
妊娠中はどうしてもシミが気になってしまう時期ですが、肌のターンオーバーを促してシミをケアしてくれるタイプの化粧品を選ぶようにしましょう。

 

また、妊娠中にしっかり保湿を心がけていれば、産後から美白化粧品を使用した本格的なシミ対策を開始しても間に合います。
赤ちゃんに影響を及ぼさない化粧品はママの肌にも優しい化粧品といえます。
妊娠中の肌荒れは化粧水が原因と言う場合もあるので、赤ちゃんの健康と美肌を保つスキンケア、両立できる化粧品選びが大切ですね。

 

 


妊娠中の肌のお手入れについて

肌のお手入れでは、十分に肌を保湿したり、マッサージをするといったことがまず重要視されます。しかし、体の中からケアしてあげることも同じくらい、いえ、それ以上に大切と言えます。生活リズムが不規則だったり、タバコを吸っていたりすると、高価な化粧品を使用していても、充分に活かすことができません

毎日の生活習慣を改善することにより、体の内部からのスキンケアにつながります。プラセンタを効果的に摂りたいのなら、どのタイミングで摂取するかも大切です。一番効果的なのは、お腹がすいている時間帯です。逆に、満腹時は吸収されにくく、摂っても本来の効果を得られないことがあります

また、寝る前に摂るのもおすすめします。人の体は就寝中に修復・再生されますので、お休み前の摂取が効果的なのです。コラーゲンの最も有名である効能は美肌に関しての効果です。コラーゲンを摂取することで自分の体内にあるコラーゲンの新陳代謝の働きを促し、肌に潤いやハリを与えてあげることが可能です。現実問題 体の中のコラーゲンがなくなることで肌の老化へと繋がるので若々しい肌を維持させるために積極的な摂取が必要です。「美肌でいるためには、タバコは厳禁!」なんていうフレーズを耳にしますが、これは美白にしても一緒です。本当に白い肌になりたいなら、タバコは即行で止めるべきです。

その理由の第一に挙げられるのが、タバコによるビタミンCの消費ということなのです。

喫煙すると、美白にはもっとも必要なビタミンCの破壊がなされるのです。

肌荒れが気になる時には、セラミドで補ってください。このセラミドというのは角質層の細胞と細胞の間で水分や油分をを湛えている「細胞間脂質」のことです。角質層には角質細胞が幾重にも重なっていて、このセラミドが細胞間を糊のように繋いでいます。健康に皮膚の表面を保つバリアが働くため、不足だと肌荒れが起きやすくなるのです

保水できなくなってしまうと肌トラブルを起こし易くなってしまうので、気を配ってください。

水分を保つ力をより強めるには、どのような美肌の秘訣を試すと良いのでしょうか?保水機能アップに効きめのある肌ケアは、血の流れを良くする、肌を美しく保つ機能のある化粧品を使ってみる、上手に洗顔するという3点です。たくさんの美容に良い成分を含んだ化粧水や美容液等を使うことにより、保湿力を高めることができます

美しい肌を作るにはコラーゲンやヒアルロン酸 アミノ酸等が含まれた化粧品が最適です。血流を促すことも大事なので適度な運動や、半身浴を行い、体内の血の流れをアップさせてください

プラセンタの効果アップを狙うなら、摂取のタイミングも大切です。一番いい時は、お腹がへってる時です。

逆に、満腹時は吸収されにくく、摂取しても効果が得られない可能性があります

また、寝る前に摂取するのもおすすめのタイミングです。

人間の体は就寝中に修復・再生が行われるので、就寝前の摂取が効くのです

お肌のケアをオールインワン化粧品で済ませている方も非常に多いです。

実際 オールインワン化粧品を使用すれば、時間をかけずにケアできるので、使われる方が増加傾向にあるのも当然であると言えましょう

様々な種類の商品に惑わされるよりもぐっとお安く済ませられます。ただ、商品が合わないといったこともございますので、配合成分をよく読み、ご自身のお肌とご相談ください。人間の体内にもあるヒアルロン酸はタンパク質と結合しやすい特質を持った「多糖類」という種類のゼラチンのような成分です。

大変保湿力が優れているので、化粧水 化粧品やサプリメントの中でも特に大方定番と呼んでもよいほど配合されているのがヒアルロン酸です。誰だって歳を取ると共に少なくなる成分なので、特に心がけて服用するようにしましょう。

更新履歴